トリコモナスは原虫は性感染に限らず疲れやストレスがたまり体力がない場合でも感染します。また、トリコモナスには種類があり性器以外に口腔にも感染することがあるので注意しなければなりません。ではトリコモナスに感染するとどのような症状がでるかをご紹介していきますので参考にしてください。

膣トリコモナスはフラジールで治療しましょう

錠剤タイプの薬のイメージ

膣トリコモナスの治療法としては、フラジールという薬を使うのが一般的です。
フラジールには錠剤の内服薬と、膣内に挿入する膣錠タイプの2種類があります。
それぞれの使い方や効果をチェックしてみましょう。
内服薬タイプ・膣錠タイプ共にメトロニダゾールという有効成分が含まれています。
メトロニダゾールは膣トリコモナスを発症させるトリコモナス原虫を殺菌する効果を発揮するのが特徴です。

メトロニダゾールはトリコモナス原虫の中に入り込むと、「ニトロソ化合物)」という物質に姿を変えるという特徴があります。
ニトロソ化合物へと変化すると、トリコモナス原虫のDNAを切断するという効果を発揮します。
DNAは生物の体を作る設計図的な存在です。
メトロニダゾールによってDNAが切断されると、体の構造が不安定となり結果トリコモナス原虫を殺菌できるというメカニズムとなっています。

錠剤の内服薬タイプ、膣錠タイプ共に約10日間程度の期間使用を続けるのが一般的です。
膣錠タイプは最大で14日間、治療を続ける事ができるようです。
内服薬タイプは1日に2錠を服用し、膣錠は1日に1錠を膣に入れて治療を行います。
フラジールは比較的副作用が起こるリスクは少ないと言われていますが、ゼロではないのでどのような副作用が起こりやすいのか確認しておく事をおすすめします。

内服薬タイプの場合に起こりやすい副作用は、食欲不振、胃の不快感、吐き気などです。
もし血便が出たり頻繁に下痢を起こすようであれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。
また重篤な副作用として手足のしびれや意識の低下なども報告されています。
膣錠タイプの場合はかゆみや膣壁の充血に伴う刺激、発赤などが挙げられます。
このような症状が出たらやはり、担当の医師または薬剤師に相談します。

フラジールは内服薬タイプ・膣錠タイプどちらも病院で処方してもらえる薬です。
また個人輸入が運営している通販サイトでも購入できるようになっています。

フラジールを通販で購入する方法

膣トリコモナスの治療に効果があり、日本ではフラジールとして販売されているメトロニダゾールは、通販で購入することもできます。
基本的には病院で処方してもらう処方薬であるため、一般医薬品を販売している通販サイトでの購入をすることはできません。

ではどのような通販なら購入することができるかというと、個人輸入代行の津幡サイトです。
販売用としては勝手に輸入することはできませんが、薬事法では個人が少量を自分で利用する目的で輸入することは禁止していません。
これは、海外で治療を受けていた方が引き続き取り寄せて治療をすることができるようにするため、といったような理由があります。

もちろん、処方箋をもらって薬を購入するのと異なる個人輸入は、副作用によって体に障害が発生したとしてもそれは自己責任となる点には注意が必要です。
心配な方は、やはり膣トリコモナスの診察を正式に病院で受けたうえで、処方をしてもらった方が安全です。

リスクがあることを承知のうえで個人輸入をするなら、安全な個人輸入代行業者を活用しましょう。
医薬品が本物であるかどうか、正規のルートで仕入れてくれるかどうかといった点をチェックしたいところです。
いくつか業者が存在していますが、実績のある業者を利用しておくと安心です。
実績がある所は、多くの方に利用されているだけあってきちんとした正規ルートでの入手をしてくれます。
問題があれば営業を続けることはできませんので、実績があることは信頼の証です。
また、きちんとした業者は個人輸入によるリスクについても注意喚起していて、利用者にただ利用してほしいといった宣伝をしているわけではないため、信頼することができます。