トリコモナスは原虫は性感染に限らず疲れやストレスがたまり体力がない場合でも感染します。また、トリコモナスには種類があり性器以外に口腔にも感染することがあるので注意しなければなりません。ではトリコモナスに感染するとどのような症状がでるかをご紹介していきますので参考にしてください。

再発の多い性病を紹介

性病がやっかいな点は、一度治療を受けて完治したからといって安心しているとすぐに再発してしまうところです。
自分の健康のために良くないだけでなく、パートナーに感染させてしまうリスクを伴うため、性病に関する正しい知識を身に着けることが大人のマナーとも言えます。

再発の多い性病の代名詞と言えばヘルペスが有名です。
ヘルペスは一度感染するとウイルスが体内に潜んでしまい、疲れや病気など体の抵抗力が落ちてくるなどの原因が続くと再発してしまうのです。
口の周りや性器にぽつぽつとした水膨れが出てくるのが特徴で、かゆみや痛みなどの症状が生じる場合もあるので早めに病院へ足を運ぶことが大切です。
ヘルペスにはバルトレックスやゾビラックスといった抗ウイルス薬を正しい服用方法で摂取することにより、ウイルスの活性化を防止し症状が顕著になるのを防ぐ効果が期待出来ます。
抗ウイルス薬は他の処方薬と一緒に飲んだり、妊娠中などの場合は副作用の問題から服用できないケースもあるため、医師と相談しながら摂取しましょう。

また、ウイルス感染により再発しやすい性病の一つに尖圭コンジローマがあります。
イボのようなぶつぶつが皮膚の上に広がり、そのまま放置していると大きさを広げながらどんどん数が増えていくのが特徴です。
尖圭コンジローマもヘルペスと同様、一度ウイルス感染をすると体内にウイルスが残ってしまうため完全に再発防止をすることが難しく、上手に付き合っていく他ないでしょう。
女性の場合は出産によって母子感染の可能性があるため、必ず妊婦検診で尖圭コンジローマに感染しているかどうかの検査を受けましょう。

性病はコンドーム着用を徹底していてもオーラルセックスなどにより容易に他人に感染してしまうため、完璧に感染を防止することは難しいでしょう。
そのため不特定多数の異性と肉体関係を持つことを控え、何らかの自覚症状が出た場合には速やかに医師の診察を受けることが症状悪化を防ぐために有効です。
その時にはパートナーと一緒に受診しましょう。

ヘルペス再発の原因とは?

ヘルペスという性病を引き起こす原因である単純ヘルペスウイルスは1度感染してしまうと症状が現れなくなった後も神経節と呼ばれる神経を接続している部分に潜伏しています。
ウイルスが不活性の状態であれば何も症状を引き起こすことがありませんが免疫力が衰えたり過剰なストレスがかかったときなどをきっかけにしてウイルスがまた活性化してしまうことがあり性器の粘膜や皮膚で再発してしまうのです。
そのため尖圭コンジローマと同じぐらい再発が多い性病となっています。

今のところはウイルスを身体の中から完全に除去する方法は残念ながらありませんが、症状が再び現れてもバルトレックスやゾビラックスを服用するなどして適切に治療を受けると症状は軽くて済むことになりますし回復するのも早まります。
バルトレックスの副作用はあまりありませんが、あるとすれば吐き気や下痢、発疹などといった症状です。
他に、めまいや頭痛、眠気などを引き起こすことがあります。
身体に吸収される効率が良いので服用方法は1日あたり1度から3度で済みます。

再発の原因となるのは精神的な原因と肉体的な原因が挙げられます。
精神的な原因として挙げられるのは長い時間に亘ってストレスがかかることなどです。
肉体的な原因として挙げられるのは外部から受けた刺激や免疫力の衰えなどになります。
ストレスや疲れを溜め込まない様にして自分なりに規則正しい生活を心がけて、なるべく再発を防止するのが良い方法です。

症状が現れていない場合でも性器の粘膜や皮膚にウイルスが繁殖していることがあります。
性交渉の相手に感染させてしまうのは、こういった場合に起こることが少なくありません。
ヘルペスを感染させてしまう半分以上は感染させた人が無自覚なときに起こります。