トリコモナスは原虫は性感染に限らず疲れやストレスがたまり体力がない場合でも感染します。また、トリコモナスには種類があり性器以外に口腔にも感染することがあるので注意しなければなりません。ではトリコモナスに感染するとどのような症状がでるかをご紹介していきますので参考にしてください。

トリコモナスは再発があることにも注意!

トリコモナスは「トリコモナス原虫」という病原菌に感染する事で発症する、性感染症の1つです。
治療によって完治できる性感染症ですが、場合によっては再発を繰り返すケースもあるので注意しましょう。
トリコモナスが再発してしまうケースとして、まず挙げられるのが「中途半端な治療をしてしまった」という場合です。

トリコモナス原虫に感染してしまった場合、内服薬で治療をするのが一般的となっています。
抗菌作用のある薬で殺菌していくのですが、症状が出なくなったからといって治療を自分勝手に止めてしまうと、身体の中に残っていた原虫が再度、増殖する危険性があります。

中途半端な治療を続けると何度も再発を繰り返してしまう可能性があるので、必ず医師の指示通りに治療を行うようにしましょう。
また「パートナーからの再感染」をしてしまうケースも少なくないようです。
トリコモナスは男性・女性問わず感染力が高い性感染症と言われています。
発症した場合は高い確率でパートナーも感染しているでしょう。

ただ症状が現れないと感染している事に気づかず、治療を行わない事も多いようです。
一方だけが治療を行いトリコモナス原虫を完全に身体の中から消したとしても、治療をしていないパートナーから再び感染してしまうリスクがあります。
このように、お互いパートナーに感染させてしまう事を、「ピンポン感染」と言います。
ピンポン感染による再発を防ぐには、必ずパートナーと一緒に治療を受ける事が大切です。

トリコモナス原虫は通常、性器部分に感染しますが場合によっては臓器にまで、侵入している事もあります。
このようなケースだと性器のトリコモナスを消滅させたとしても、周りの臓器に潜伏していた菌が再び性器に戻ってきて再発してしまいます。
女性の場合、膣錠でピンポイント的に治療を行った場合、臓器にいるトリコモナス原虫は殺菌できないので、再発するリスクが高くなるようです。

このようにトリコモナスは様々な原因で、再発を繰り返す恐れがあります。正しい治療法でしっかり完治させる事が重要と言えるでしょう。

男性におけるトリコモナスの症状

女性だけでなく男性もトリコモナス原虫に感染するケースがります。
もし、男性がトリコモナスを発症した場合には、どのような症状が起こるのでしょうか。

男性がトリコモナスを発症した場合に、起こりやすい症状としては「尿道から膿が出る」というケースが挙げられます。
排尿時に気づく事もありますが、下着に膿のようなものが付着していて、身体の異変に気付く人も少なくないようです。

この他には排尿時の痛みや違和感、尿道のかゆみ、灼熱感、違和感を感じるというケースも挙げられます。
男性の場合、トリコモナス原虫は尿管に感染します。
ですので排尿時に痛みを感じたり、熱を持っているような灼熱感を感じるのが特徴です。
ただ、このような症状も軽度な事が多く、病院に行くまでもないと放置してしまうケースも少なくありません。

性病と聞くと重い症状が出るのではと不安になってしまいますが、男性だとこのような軽い症状で済む場合がほとんどです。
しかも感染してから約3週間程度で、自然と症状が消えて行きます。
しかも男性の場合、感染した約90%以上の人には自覚症状がありません。

男性の場合には尿道にトリコモナス原虫が感染するので、女性とは違い尿で洗い流されてしまう事もあり、自覚症状を感じる事が少ないようです。
自覚症状が出る事も少なく、もし出たとしても軽いのでそのまま放置してしまいがちです。

ただ感染している間は症状が出ていなくても、パートナーにトリコモナス原虫を感染させてしまう危険性はあります。
少しでも異変を感じたら、何らかの性病になっていないか病院で検査を受けるようにしましょう。
男性の場合、性病の検査は性病科だけでなく、泌尿器科でも受けられます。