トリコモナスは原虫は性感染に限らず疲れやストレスがたまり体力がない場合でも感染します。また、トリコモナスには種類があり性器以外に口腔にも感染することがあるので注意しなければなりません。ではトリコモナスに感染するとどのような症状がでるかをご紹介していきますので参考にしてください。

クラミジアは感染者数の多い性病です

クラミジアは性行為によって感染する性感染症のひとつです。
原因は感染者と直接的に接触することですが、性行為がほとんどとなっています。性病の中では感染力の強い病気のひとつです。
感染すると男女ごとにそれぞれ症状が現れますが、感染しても症状が起こらないこともあるので、知らずにパートナーにも影響を与える恐れがあります。
無症状であることが感染者を増やす原因ともなっています。

性行為によるクラミジアの症状としては男性ではまず尿道炎となります。
これは尿道の粘膜が細菌によって炎症を起こすからで、サラサラとした白い膿のようなものが出ます。
それ以外にも排尿時に痛みを感じたりかゆみを感じることがあります。
そのままにしておくと細菌が前立腺などにも感染して炎症を起こし、発熱などの症状が見られます。

女性の場合、クラミジアになるとおりものの量が増えます。
これは細菌が体内に侵入していることから、子宮内部に細菌が侵入することを防ぐためにおりものが増えるからです。
また、子宮頸管炎を起こすこともあり、それによっておりものに膿が混じることがあります。
性器内部が炎症を起こしているので、性行為をすると痛みを感じることがあります。
また、不正出血などの症状も起こります。これらの症状が起きないこともあるので注意が必要です。
ただ、症状が起きないからといってそのままにしておくと体内に細菌が侵入して不妊の原因となることもあります。

クラミジアはそのままにしておいて自然に治る性病ではありません。
そのため、気になる症状が起きた場合にはすぐに医療機関などで検査を受けることが大事です。
症状が出るまでに潜伏期間があるので、気になる出来事がいつあったかということを覚えておくことが大事です。
そのままにしておくとさまざまな影響がある一方で、治療方法が確立されている性病であるので、できるだけ早い段階で治療をすることが感染者を減らすためにも重要であると言えます。

クラミジアは発覚後すぐに薬を飲みましょう

クラミジアは感染力の強い性病です。
そのため、気になる症状があり、検査をしたあとにクラミジアであることがわかれば、すぐに治療をすることが大事です。
クラミジアにおける治療法は薬を用いた薬物療法となります。
つまり、抗生物質により細菌を死滅させることです。処方された薬をすべて飲み切ることがポイントです。

医療機関で処方される薬の代表的なものがマクロライド系の抗生物質です。
マクロライド系のクラミジア治療薬で代表的なものがジスロマックです。
ジスロマックの場合、一度服用することで治療が基本的に終わります。副作用が少ないことも特徴です。
ただ、服用から3週間程度経過した後に検査を行い、クラミジアの菌が検出されなければ治療が終わります。

ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンには細菌が増殖することを防ぐ作用があります。
ジスロマックは一度の服用で効果が持続することにはアジスロマイシンが大きく関係しています。
アジスロマイシンは一度血液に取り込まれると、長期間にわたり効果が持続します。

基本的に副作用が少ない薬であることから使用方法に指定などはありませんが、胃腸などの消化器が弱い人の場合、副作用として下痢などが起こる可能性があるので、食後2時間程度の時間をあけてから服用することが大事です。
市販の胃腸薬と一緒に服用すると成分の吸収率が悪くなることが、使用方法における注意点です。

このように治療法が確立されているクラミジアでは確実に治るまで治療に専念することが大事です。
服用することで症状が起きなくなることもあります。
しかしながら菌は体内に残っている可能性があるので、医師から治ったことが確かめられるまで性行為を避けることが大事です。